日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

中国

中国の男女産み分け方法と言えば、やはり思いつくのは産み分けカレンダーですよね。
ちなみにこの表は過去からの統計を元に作られたものなので、
排卵日や膣内環境はあまり考慮されていないのが事実です。

 

中国でこの産み分け表が作られたのがおよそ700年前とされていますから、
確かにその時代で排卵日うんぬんはちょっと考えにくいですよね。

 

実際中国でこの表を元に産み分けが盛んに行われるようになった背景には
中国政府が打ち立てた「一人っ子政策」が挙げられます。

 

跡を継ぐ男子がいなければ家は途絶えてしまう、そんな不安感や焦りから
男の子をより望む風潮に移っていったのです。
中には女児だと分かったがために堕胎するというカップルも存在するのです。

 

近年ではこの政策自体ずいぶん緩和されてきましたが、
生まれてこれなかった命を思うとなんともやるせないですね。

 

むしろ現在では逆に、違法が疑われる男女産み分けや性別が理由の堕胎を
厳しく取り締まる方針を固めています。

 

これは自然であればさほど違いのない男女出生率が大きく崩れ、
異常に男の子ばかり生まれている点が懸念されています。
実際ある年では女の子100人に対し男子が118.08人生まれたというものです。

 

数だけ見るとわずかかもしれませんが、これが数千人、数万人の単位となってくると
決して無視できない数字ですよね。

 

余談ですがこの一人っ子政策は中国全土に出されたものの、
省によっては違っている部分もあります。

 

省というのは分かりやすく言えば日本の県に該当するもので、
とある省で第1子が女の子であった場合に限り第2子の妊娠・出産を許可する、
というものです。お家断絶を考慮した結果でしょうね。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む

 

 

中国関連ページ

アメリカ
タイ
ブラジル式