日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

タイ

近年技術的に成長しているタイでは医学の進歩も目覚しく、
海外から医療を受けるために訪れる患者さんもいるくらいです。

 

中でも体外受精の功績はすばらしく、
不妊治療のために訪れる日本人カップルも少なくありません。
ただしタイで体外受精を受ける場合は受精卵診断も併せて受けることが必須です。

 

受精卵診断を行っていることを公にしている医療機関は約15施設あり、
それだけでも日本と違い広く受け入れられていることが分かりますよね。

 

日本のメディアが特に日本人が多く訪れる施設の取材データによると
ここ数年で日本人カップルの患者数が増え、
さらに数十組が男女の生みわけを目的とした受精卵診断を受けたとしています。

 

タイでももともとは重篤な遺伝子疾患や染色体異常を早期に発見するために
受精卵診断が行われてきました。

 

遺伝子を調べることで性別も判別できるため、
産み分けにも用いられるようになったというわけですね。

 

そのため近年では不妊治療患者や不育症患者だけでなく、男女の生みわけを切実に望む
カップルも少しずつ増えてきています。

 

他に卵子提供においても積極的で、女性の卵子に問題のあるカップルが
タイで卵子提供を受けて体外受精に進むケースもあります。

 

日本では単純に産み分けするだけで体外受精を受けることは認められていないため、
どうしてもの際は海外で施術を受けざるを得ないのが現状です。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む

 

 

タイ関連ページ

アメリカ
ブラジル式
中国