日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

アメリカ

アメリカでは産み分けをはじめ卵子提供、代理母出産など日本では行われていない
生殖医療を積極的に取り入れていますよね。

 

日本の有名人や著名人がアメリカで最先端の生殖医療を受けていることは
良く知られています。

 

着床前診断についても同様で、
日本産婦人科学会では重篤な遺伝子疾患および染色体異常など例外を除き
認められていません。

 

ですがアメリカでは担当医が必要であると認めれば一般の患者さんであっても
受けることが出来ます。
いかにも自由の国らしい取り組みですよね。

 

余談ですがこの方法を取り入れているのはアメリカだけではありません。
非キリスト教国であるインドやタイなどでも行われていますし、
イスラム教国では女性が男女の子をもうけることが宗教上重要であるとされています。

 

そしてカリフォルニア州においては、ファミリーバランシング(Family Balancing)、
つまり生まれる赤ちゃんの男女比率を整えるため産み分けが認められています。

 

健康な第1子を授かっているカップルに限り、体外受精を行い着床前遺伝子診断の後
カップルが望む性別の受精卵を母体内に戻すのです。

 

また、アメリカだけが行っている産み分け方法にマイクロソート法というものがあります。
X染色体とY染色体をフローサイトメトリーで分離する方法で、
成功率は概ね70~90パーセントほどと高い成績を出しています。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む

 

 

アメリカ関連ページ

タイ
ブラジル式
中国