日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

世界の産み分け事情

希望の性別を望むカップルは日本だけでなく世界共通です。ここでは世界の産み分け事情についてまとめています。

世界の産み分け事情記事一覧

アメリカでは産み分けをはじめ卵子提供、代理母出産など日本では行われていない生殖医療を積極的に取り入れていますよね。日本の有名人や著名人がアメリカで最先端の生殖医療を受けていることは良く知られています。着床前診断についても同様で、日本産婦人科学会では重篤な遺伝子疾患および染色体異常など例外を除き認められていません。ですがアメリカでは担当医が必要であると認めれば一般の患者さんであっても受けることが出来...

近年技術的に成長しているタイでは医学の進歩も目覚しく、海外から医療を受けるために訪れる患者さんもいるくらいです。中でも体外受精の功績はすばらしく、不妊治療のために訪れる日本人カップルも少なくありません。ただしタイで体外受精を受ける場合は受精卵診断も併せて受けることが必須です。受精卵診断を行っていることを公にしている医療機関は約15施設あり、それだけでも日本と違い広く受け入れられていることが分かりま...

ブラジル式産み分け方をご存知ですか?日本ではどちらかと言えば中国式の産み分け表のほうがメジャーなのですが、実はブラジル式の産み分け表というものも存在します。日本で中国式が用いられている主な理由としてはやはり同じアジア人であるためより的中率が高いというのが主な理由です。ブラジル式にも見た目は同じようなカレンダー形式の産み分け表からなり、ぱっと見にはどちらが中国式でどちらかブラジル式かは区別がつきませ...

中国の男女産み分け方法と言えば、やはり思いつくのは産み分けカレンダーですよね。ちなみにこの表は過去からの統計を元に作られたものなので、排卵日や膣内環境はあまり考慮されていないのが事実です。中国でこの産み分け表が作られたのがおよそ700年前とされていますから、確かにその時代で排卵日うんぬんはちょっと考えにくいですよね。実際中国でこの表を元に産み分けが盛んに行われるようになった背景には中国政府が打ち立...

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む