日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

子ども

初めての赤ちゃんなら五体満足、元気に生まれてきてくれればそれでいいと思っても、
第2子・第3子となると出来れば自分の望む性別の赤ちゃんを産みたいと願うのは
ある程度自然な流れですよね。

 

外国では宗教上の理由で男女両方の赤ちゃんを産まなければならないとか、
政策のために一人っ子で無ければならないなどさまざまな背景があります。
つまり子どもの産み分けを考えるのは世界共通であると言えるでしょう。

 

ですが受精の瞬間に決定する赤ちゃんの性別を、
自分の思うとおりにコントロールすることは可能なのでしょうか?

 

これについては諸説あり、問いに対する解も2通りあります。
そもそも性別自体2種類しかありませんから、仮に産み分けを行ったとしても
成功か失敗かしかあり得ませんね。

 

ただしあくまでも確率の問題ですから、希望する性別の子どもを授かる方法を
取り入れれば多少なりとも上げることは可能です。

 

加えて一人目の子どもがある程度自分の意思を述べられるくらい成長していたら、
「弟が欲しい」「妹だといいな」
などと口にすることもありますよね。

 

初めてのときは気にしていなくても、兄姉児がいる場合こういった一言がきっかけで
産み分けに挑戦するカップルもいます。

 

さらに家庭の事情でどうしても男の子・女の子を産まなければならない場合もありますから、
そのような時は医学の力を借りることも視野に入れたほうが良いですね。
それでも100パーセントはあり得ないため、強い意志と覚悟が必要です。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む