日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

確率を上げるには

男の子・女の子を授かる確率は50パーセントずつですが、
実は男の子のほうが授かりやすい、というのをご存知ですか?

 

これは医学的にも証明されており、精液には男の子の遺伝子が女の子の遺伝子よりも
多く含まれることが分かっています。

 

個人差はありますが、男の子が70パーセント程度なのに対し、
女の子が30パーセント程度の割合となっています。

 

ですがこのままでは生まれる赤ちゃんは男の子ばかりということになってしまいますよね。
それを調整しているのが女性の膣内環境なのです。
そういった意味では女性側にも性別を決定する要因があると言えるでしょう。

 

なので100パーセントはありませんが、女性側がある程度準備することで
確実に望む性の赤ちゃんを産む確率を上げられることになります。
そこで少しでも確率を上げるにはどうすればよいのでしょうか。

 

男性のほうで出来ることは排卵日に合わせて禁欲期間をある程度設ける方法があります。
こうすることで精液の濃度そのものが上がり、精子の量も増えるのです。
ただし禁欲しすぎはあまり望ましくありません。排卵日前3~5日ほど空ければ十分です。

 

女性のほうでは自分の月経リズムを確実に把握しておくことです。
更に言えば月経そのものよりも排卵日のほうが重要になってくるので、
出来れば3ヶ月ほど継続して基礎体温を測ることをオススメします。

 

そしてカップルでリンカルを服用することです。
基礎体温と平行して服用すれば効果の得られる3ヶ月続けられますから、
サプリメントのつもりで取り入れてみてはいかがでしょうか。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む