日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

男の子が欲しい

昭和の時代では男の子は家督の跡継ぎとされていたため、一般庶民の家庭でも
最低でも一人は男の子を望む家庭がほとんどでした。
ですが現在では逆に女の子ブームが巻き起こっています。

 

古くからある「一姫二太郎」という言葉にも、一人目に女の子を育てて
育児に慣れたころに男の子を産みなさいという意味がこめられています。
これは女の子一人、男の子二人を産みなさいと言うわけではないのですね。

 

男の子を授かるメリットとしてよく言われているのが
・服飾代が女の子ほどかからない
・わずらわしい友人関係に悩まなくて済む
・ケンカをしても後を引かない

などがよく言われています。

 

特に人間関係に苦労した経験のある人は産むなら男の子が欲しいと
願うケースが多いようですね。

 

中には男の子を妊娠中のママさんに対し、
「男の子は騒がしくてタイヘン」「大きくなったら寂しいよ」
などと心無い言葉を放つ人がいるのも悲しいかな事実です。

 

ですがこれらのデメリットはほとんど母親目線の物ばかりです。
なのでこの部分は女児しかいない筆者でもおかしいと感じますね。
また筆者自身男の子希望でして、今でも男の子のママさんをうらやましく感じます。

 

確かに力が強く最終的には母親より大きくなるケースがほとんどなため
そういった意味ではタイヘンです。
反抗期に手を焼くケースもあるでしょう。

 

ですが当然ながらそこに男女差はありませんし、
むしろ最初から男の子を望むパパ・ママですとおおらかに
育児を楽しめると思いませんか?

 

出来れば男の子が欲しいと願うカップルもその逆の方も、
希望する性別の赤ちゃんを授かれると良いですね。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む