日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

妊娠する前に

希望の性別を妊娠する前に、産み分けるコツや産み分け表について紹介しています。

 

妊娠する前に記事一覧

男女の産み分け方法と聞いて、最初に思いつくものは何ですか?病院で産み分け指導してもらう、夫婦生活を工夫するなどいくつかありますね。男女産み分け方法には大きく分けて2種類が存在します。医学の力を借りるか自力で頑張るか。何だそんなことか、と思う人もいるでしょう。ですが希望の性別を授かりたいという想いが根底にある以上、願いがかなうよう努力しますよね。その手助けを医学にしてもらうというわけです。ただ病院に...

昭和の時代では男の子は家督の跡継ぎとされていたため、一般庶民の家庭でも最低でも一人は男の子を望む家庭がほとんどでした。ですが現在では逆に女の子ブームが巻き起こっています。古くからある「一姫二太郎」という言葉にも、一人目に女の子を育てて育児に慣れたころに男の子を産みなさいという意味がこめられています。これは女の子一人、男の子二人を産みなさいと言うわけではないのですね。男の子を授かるメリットとしてよく...

男の子・女の子を授かる確率は50パーセントずつですが、実は男の子のほうが授かりやすい、というのをご存知ですか?これは医学的にも証明されており、精液には男の子の遺伝子が女の子の遺伝子よりも多く含まれることが分かっています。個人差はありますが、男の子が70パーセント程度なのに対し、女の子が30パーセント程度の割合となっています。ですがこのままでは生まれる赤ちゃんは男の子ばかりということになってしまいま...

初めての赤ちゃんなら五体満足、元気に生まれてきてくれればそれでいいと思っても、第2子・第3子となると出来れば自分の望む性別の赤ちゃんを産みたいと願うのはある程度自然な流れですよね。外国では宗教上の理由で男女両方の赤ちゃんを産まなければならないとか、政策のために一人っ子で無ければならないなどさまざまな背景があります。つまり子どもの産み分けを考えるのは世界共通であると言えるでしょう。ですが受精の瞬間に...

男の子と女の子を産み分ける手段の一つとして、産み分け表に照らし合わせる方法があります。この産み分け表は中国より考案されたもので、100パーセントの的中率を誇るわけではありませんがかなりの確率で産み分けることが可能です。もともとはお家継続のためにどうしても跡取りとなる男子を産む必要があるため統計を基に考案された産み分け表です。爆発的に人口が増加した中国では一人っ子政策を取り入れていますが、一人っ子の...

男女の産み分けでも、男の子を産むのは女の子と比較すると成功率が高いようですね。ですがこれはあくまでも確率の問題、挑戦するのであれば確実に産み分けたいと思いませんか?そこでいくつかの産み分けるコツを伝授しちゃいます。まずリンカルを毎日確実に服用する、これを2ヶ月間続けます。これはどちらかが飲むのではなく、パートナーとともに飲むことをオススメします。薬ではありませんが病院での処方になるため、一度受診し...

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む