日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

着床前診断

着床前診断という言葉をご存知ですか?
そもそも妊娠は精子と卵子が受精しただけでは成立していません。
母体内の子宮内膜に受精卵がもぐりこみ、そこで初めて妊娠成立となるのです。

 

そのため着床する前の受精卵を直接診断することを着床前診断と呼ぶのです。
もともとこの方法は赤ちゃんの元となる受精卵に遺伝子染色体に異常が無いかどうかを
確かめるための医療技術であり、日本では男女の産み分けに用いられることはありません。

 

この方法も生命の選択という倫理的観念から見れば激しいバッシングを受けることも
やむを得ないと言えるでしょう。
そのため日本産婦人科学会では認められていないのです。

 

受精卵を診断するといっても、ママの体内にある受精卵は検査できませんよね。
それに対し体外受精であれば採卵数にもよりますが数個の受精卵が出来ます。
その中から異常の無いものを選び、ママの胎内に戻すのです。

 

この方法を用いた場合、染色体異常や遺伝子以上による流産率が格段に下がることが
立証されています。

 

この何ら異常の無い健康な受精卵を戻す際に、性染色体を併せて調べることにより
確実に男女を産み分けることが可能になりますね。

 

生物の範疇に少し触れますが、
・男性の性染色体はXY
・女性の性染色体はXX

この組み合わせで男女が決定しますよね。

 

なので男の子を望むならXYを、女の子を望むならXXを母体内に戻せば
希望通りの性別を授かれるのです。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む