日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

三人目

一人目は希望する性別と違っていてもまだ次の子どもに期待できますが、
二人目も同じだと三人目をあきらめる場合と次こそはと期待する場合に分かれますよね。
昨今の世界的不況の中で三人、四人と子どもを育てるのは正直不安も負担も大きいです。

 

それでもどうしても男の子、もしくは女の子を望むのであれば、
入念な事前準備が不可欠だと言えるでしょう。
病院で専門医の指導を受けるのも一つの方法です。

 

通常よほどの理由が無い限り第一子から産み分け指導を行ってくれる医師は
まずありません。
それ以前に産み分けを熱心に指導してくれる医師そのものが少ないのが現状です。

 

これは生命倫理にも触れますが、男の子・女の子を望むことそのものが
生命の選別につながるおそれがあるためです。

 

また第一子の場合両親の肩に力が入りすぎて育児そのものがストレスになった場合、
その上赤ちゃんが希望通りの性別でなかったらストレスの矛先が
そちらへ向いてしまう可能性も否定できませんね。

 

ですが第三子の場合パパ・ママも育児に対するスキルが確実に上がってきているため
どちらの性別を授かってもゆとりを持って育児に取り組めるであろうことを考慮し、
三人目の産み分け指導を積極的に行っているというわけです。

 

どのような手段を講じてもやはり100パーセント確実な産み分けはありませんから、
どちらの性別を授かっても可愛がれる余裕があるなら三人目に期待してみるのもいいですね。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む