日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

体外受精

医学の力を借りずに自分で産み分け方法を実行した場合、
その成功率はだいたい80パーセント前後と言われています。
リンカルやピンクゼリー、グリーンゼリーを使えばもう少し上がるでしょう。

 

意外と高いと思われるかもしれませんが、もともと性別は男女の2種類しかないため
ある程度信ぴょう性のある結果ではないでしょうか。
ではその産み分け成功率を100パーセントにまで引き上げる方法はあるのでしょうか。

 

最も確実なのは体外受精で産み分ける方法です。
男性の精子から男の子の性染色体を持つY精子のみ取り出し、
卵子に受精させてその受精卵を子宮内に戻す方法です。

 

これなら受精卵は男の子として成長するため、確実に男の赤ちゃんが生まれますよね。

 

ですがこの方法は命の選別につながる可能性もあるため、賛否両論あるのが現状です。
また性別の決定は神の領域に触れると考える医師もおられます。

 

さらに不妊治療のために体外受精は行っていても
産み分けのためには行っていない医療機関が大半です。

 

例外として認められるのは男女によって異なる遺伝性の疾患、
例えば血友病や色覚異常を避けるためにあえて体外受精を取り入れて
妊娠を成立させることは可能です。

 

自然に任せるしかない部分に医学の力を借りることが良いのかどうか、
日本では未だ議論が続いています。
さて、あなたはどう思いますか?



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む