日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

人工授精

人工授精はもともと不妊治療の一環として医療機関で行われてきました。
男性から採取した精子を濃縮・洗浄し、元気な精子のみを器具を用いて
女性の子宮内に注入するという方法です。

 

体内に直接注入するということで何となく怖い、と感じる女性もいるでしょう。
ですが実際に要する時間はわずか数分ですし特に痛みも無いので、
気軽に挑戦できるのではないでしょうか。

 

この人工授精を男女の産み分けに応用することは出来るのでしょうか。
濃縮した精子は量は減るものの、その中から更に男の子を決定する
Y精子のみをヒトの手で抽出するのはあまり現実的ではありませんね。

 

そこで用いられるのがパーコール法です。
この方法はパーコール液という特殊な液を用いてX精子とY精子を分離させると
言うものです。

 

加えて粘り気が強く元気な精子を抽出するときも産み分けの成功に一役買っています。
同じ精子でもY精子のほうが軽くX精子のほうが重いという特性を持つのですが、
採取する際上に溜まるY精子のほうがより多く取れるためという説もあるのです。

 

また不妊治療を目的とする場合かなり確実に排卵日を特定しますから、
産み分けを意識しない場合でも男の子を授かるケースが多いようです。
排卵してしまった後に施術を行っても無意味ですから当然ですよね。

 

排卵日に夫婦生活を持つことで男の子を授かる確率は上がりますから、
このデータはある意味必然だと言えるでしょう。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む