日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

精子

男性の精子が赤ちゃんの性別を決定することは医学の世界ではもはや常識ですが、
男の子を決定するものと女の子を決定するものの違いをご存知ですか?
なのでその違いを逆手に取ればより男の子を授かる確率を上げることが出来ますよね。

 

2種類ある精子でも、大きな違いはたった一つだけです。
男の子を決定するY性染色体と女の子を決定するX染色体です。
パパからの遺伝子情報を卵子側に届けるという点では同じですね。

 

精子にはそれぞれが持つ特徴というものがあります。
ここでちょっと見比べてみましょう。

 

・アルカリ性で酸に弱い
・移動スピードが速く、卵子のところへ到達するのが早い
・1回の射精でX精子の2倍量が放出される
・熱に弱い
・寿命は約24時間、X精子よりも短命である

 

いかがですか?
移動スピードが速いのであれば男のこの方が圧倒的に授かりそうなものですが、
それでも酸に弱いという致命的な特徴があります。

 

女性の膣内は基本的に酸性であるため、
移動するよりも先に大半が死滅してしまうのです。
そのため授かる男女の絶対数に大きな違いが出ないのです。

 

ですが酸性なのは膣内のみで、更に奥の子宮内や卵管は実はアルカリ性です。
アルカリ性に強いY精子はここで一気に形勢有利となりますよね。

 

つまりいかに多くのY染色体を持つ遺伝子が子宮内、卵巣内へ入れるかによって
より男の子の確率が上がるかどうかが決まるのです。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む