日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

産婦人科での方法

実際に行われている産婦人科での男女産み分け方法を紹介しています。産み分けゼリーについても触れています。

 

産婦人科での方法記事一覧

産み分け指導をしている病院でも第一子の場合あまり熱心な指導が受けられなかったり医師によっては断られたりすることもあります。やはり病院で指導を受けるのであれば第二子以降のほうが望ましいでしょう。そのことを踏まえた上で産み分け指導を受ける場合、気になるのは受診の流れや指導内容ですよね。医師によってまちまちですが、大まかな流れについて見ていきましょう。最初は問診からスタートします。・過去の婦人科系疾患の...

男性の精子が赤ちゃんの性別を決定することは医学の世界ではもはや常識ですが、男の子を決定するものと女の子を決定するものの違いをご存知ですか?なのでその違いを逆手に取ればより男の子を授かる確率を上げることが出来ますよね。2種類ある精子でも、大きな違いはたった一つだけです。男の子を決定するY性染色体と女の子を決定するX染色体です。パパからの遺伝子情報を卵子側に届けるという点では同じですね。精子にはそれぞ...

人工授精はもともと不妊治療の一環として医療機関で行われてきました。男性から採取した精子を濃縮・洗浄し、元気な精子のみを器具を用いて女性の子宮内に注入するという方法です。体内に直接注入するということで何となく怖い、と感じる女性もいるでしょう。ですが実際に要する時間はわずか数分ですし特に痛みも無いので、気軽に挑戦できるのではないでしょうか。この人工授精を男女の産み分けに応用することは出来るのでしょうか...

医学の力を借りずに自分で産み分け方法を実行した場合、その成功率はだいたい80パーセント前後と言われています。リンカルやピンクゼリー、グリーンゼリーを使えばもう少し上がるでしょう。意外と高いと思われるかもしれませんが、もともと性別は男女の2種類しかないためある程度信ぴょう性のある結果ではないでしょうか。ではその産み分け成功率を100パーセントにまで引き上げる方法はあるのでしょうか。最も確実なのは体外...

アイテム名だけ聞くとなんとなくカワイイと感じるリンカルですが、一体何のことかご存知ですか?リンカルは通称で正式にはリン酸カルシウムと言い、男の子を産み分ける際に使用します。産み分けに使用すると言ってもその実物は栄養補助食品という位置づけで、鉄やリン、カルシウムといった天然のミネラル分が含まれています。薬ではないので、副作用の心配もありません。もともとは男の子を産むためではなく胎児の先天性異常を予防...

ピンクゼリーって何のことかご存知ですか?セックス前に女性の膣内に挿入して内部を酸性に近い状態にし、女の子を授かりやすくするというものです。このピンクゼリーに対して男の子を望む場合、グリーンゼリーと呼ばれるものを用います。グリーンゼリーは男の子を授かるためにイギリスで開発されたものです。こちらもセックス前に膣内に挿入することで内部をアルカリ性に近づけることでY精子が有利になるような状態を作ることで男...

一人目は希望する性別と違っていてもまだ次の子どもに期待できますが、二人目も同じだと三人目をあきらめる場合と次こそはと期待する場合に分かれますよね。昨今の世界的不況の中で三人、四人と子どもを育てるのは正直不安も負担も大きいです。それでもどうしても男の子、もしくは女の子を望むのであれば、入念な事前準備が不可欠だと言えるでしょう。病院で専門医の指導を受けるのも一つの方法です。通常よほどの理由が無い限り第...

パーコールって何のことかご存知ですか?カンタンに言えば人工授精の方法で、もともとは不妊治療を行うカップルに用いられていました。男性側から採取した精子を濃縮し、器具を使って女性の子宮内に注入するといった方法で、実際にこの治療を受けたことのあるカップルもいます。現在では主に女児を産み分ける際に使われる方法の一つで、精子をパーコール液に入れて遠心分離し、その後洗浄するとX精子とY精子に分かれます。そのX...

着床前診断という言葉をご存知ですか?そもそも妊娠は精子と卵子が受精しただけでは成立していません。母体内の子宮内膜に受精卵がもぐりこみ、そこで初めて妊娠成立となるのです。そのため着床する前の受精卵を直接診断することを着床前診断と呼ぶのです。もともとこの方法は赤ちゃんの元となる受精卵に遺伝子や染色体に異常が無いかどうかを確かめるための医療技術であり、日本では男女の産み分けに用いられることはありません。...

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む