日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

成功させよう

確率が2分の1とは言え、産み分けを狙うのであれば成功させようと思うのが
当然の心理というものです。

 

成功させるためにいろいろな努力をするのですから、
思いは実ったほうがやはりウレシイですよね。

 

実は産みわけを行った際、次のような傾向が見て取れます。
・自力で産みわけを行うと、女の子を授かりやすい
・医学の力を借りると、男の子を授かりやすい

なかなか興味深いデータだと思いませんか?

 

自然妊娠による産み分けが女の子になるのは女性の膣内環境が酸性である事と
女の子を決定する精子は酸性に強いことが挙げられます。
なので全く根拠の無いデータではないですね。

 

加えて排卵日の2日ほど前に夫婦生活を持つと、より女児が生まれやすくなるのです。

 

ところが産婦人科医の見解は真逆で、むしろ女の子を産み分けるほうが難しい
されています。

 

その理由に、排卵期特有の膣内環境が影響していると考えられています。
排卵日前後にはアルカリ性に傾くため、男の子の精子に有利に働きます。

 

医師は排卵日を予測することは出来ても確定は出来ませんし、
若干予測とズレが生じることもあります。

 

そのため女の子の産み分け指導を受ける場合は時間がかかることと
かなわない可能性があることも示唆されます。

 

逆に男の子の場合だと医学の力を借りたほうが比較的成功しやすいということですね。
このことを踏まえた上で挑戦してみてはいかがでしょうか。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む