日本国内で35万本突破!!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

食べ物

今ほど医学が発達していなかった時代には、食べ物で男女の生みわけが出来るとされていました。

 

食事でどうやって産み分けるのかというと、
男性および女性の体を食べ物で酸性体質・アルカリ性体質にコントロールし、
産み分けを成功させるというものです。

 

どういった食事内容かというと、
・男の子を望む場合は肉を食べる
・女の子を望む場合は野菜を食べる
といった具合です。

 

肉は酸性食品野菜はアルカリ性食品であることを利用しているわけですね。
ですがこの方法、効果のほどはあるのでしょうか?
結論から行けば迷信レベルの話なので、確実とは言えません。

 

ヒトの体には体温や血圧、体液の浸透圧やPH(アルカリ性や酸性)などを
一定に保とうとする性質、すなわち恒常性(ホメオスタシス)と呼ばれる機能があります。
この性質でヒトの健康は維持できているのです。

 

逆に言えばこの機能で守られているからこそ
食べ物で体内の酸性・アルカリ性をコントロールすることは危険であると言えます。

 

また、男性の精子は大体3ヶ月前に作られたものが射精で放出されます。
そのため1週間くらい産み分けを意識した食事を摂ったところで意味は無いのです。

 

妊娠・出産を無事に終えるためには、男女ともに健康であることが望ましいですよね。
そういった意味ではバランスの取れた食べ物を満遍なく食べることが必要不可欠です。

 

ですが産み分けに食べ物が功を奏さないかというとそうでもなく、
例えば男の子が欲しいのであれば男性に積極的になってもらうと
より確率が上がると言われていますよね。

 

なので夕食にうなぎやにんにくなどのスタミナ食材を出すことで
産み分けを望む方法は取れますね。



 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

女の子を産む